怪奇○作戦 - いろいろな話のまとめ

怪奇○作戦

1968年〜69年に放送された特撮ドラマ「怪奇○作戦」。

科学を悪用する人間とそれに対して科学で対抗するSRIのやりとりがこの作品の魅力だ。

しかし残念なことにこの物語には見ることの出来ない「欠番」が存在する。
それが第24話「狂鬼人間」。

欠番となった理由だが、精神障害者を差別する「キチ〇イ」という単語や精神病は一生治らないなど、現代では自粛すべき単語が話を通して語られているから。

直接的に抗議などは来なかったようだが、もし抗議などがきたときのダメージを考慮して発売されたLDは発売当日に回収になった。

この話本来の内容は、精神障害者に何の理由もなく夫と息子を殺された女性(殺した精神障害者は刑法39条により無罪)が間違った社会に復讐するため、2〜3ヶ月程度の期間だけ精神異常を起こされる装置を発明して、他人に殺意を抱いているような人間にこの装置を使わせ、殺人→精神障害により無罪→装置の効果が切れる→精神病院から退院…のサイクルを繰り返すようになる。

そしてついに隊員に追い詰められたこの女性は、自分自身にこの装置の最大出力を使い、一生精神病院に入院。

その病院と思われる窓で女性が放心状態で童謡を歌って終わりとなる。

怪奇大作戦のLDに収録されていたことがあるが、そのLDが発売日に回収という事態となったために、一時ネットオークションではLDセットに軽自動車レベルの値段が付いていた。

最近発売されたDVDやネット配信にもこのエピソードは加えられていない。


| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © いろいろな話のまとめ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。