ウル○ラセブン第12話 - いろいろな話のまとめ

ウル○ラセブン第12話

ウル○ラセブン第12話「遊星より愛をこめて」は特撮・ドラマ関係ではもっとも有名な放送禁止作品だといえるだろう。

本放送から2年ほどは何の問題もなく再放送もされていたが、1970年に発売された小○2年生の付録としてつけられた「怪獣決戦カード」が問題となったのだ。

そこには12話に登場したスペル星人についてこう書かれていた。

『スペル星人:ひばくせい人・(おもさ百キロ〜一万トン)・目からあやしい光を出す』

弟が持っていたこのカードに注目した姉が、被爆関係者団体の父親に見せたことから一気に放送禁止に向かった。

円○プロではなく小○館が出した「怪獣決戦カード」の記述だけが話題になり、内容についてはほとんど語られることはなく、新聞などでも騒がれたために無関係ともいえる円○プロはこの回の放送を封印。

そしてこれ以降、「遊星より愛をこめて」に関する映像や写真も公表されることはなくなった。

しかし、アメリカでの放送などを録画したものがオークションで出回るなどしているので、見る気さえあれば割と簡単に見ることが出来る。

放送禁止・封印といった対応が逆に該当作品を有名にしてしまう例だといえるだろう。



| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © いろいろな話のまとめ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。