水○晴郎氏の都市伝説 - いろいろな話のまとめ

水○晴郎氏の都市伝説

○曜ロードショーの解説と、「いやぁー、映画って本当(ほんっとう)に良いものですね!」のセリフで有名だった、水○晴郎氏の都市伝説がある。

水○氏は映画評論家、映画監督、タレントであり、2008年6月10日に肝不全により死去した。

先にも述べたように、水○氏といえば誰もが思い浮かべるのが、あの最後の名ゼリフ。

実はこれには、「素晴らしいものですね」「良いものですね」「面白いものですね」の3つのパターンが存在したそうだ。

そしてこの3パターンは、3段階評価でその映画の面白さを採点していたというのだ。

<評価:絶賛>
「いやぁー、映画って本当(ほんっとう)に 素晴らしいものですね」

<評価:面白い>
「いやぁー、映画って本当(ほんっとう)に 良いものですね」

<評価:イマイチ>
「いやぁー、映画って本当(ほんっとう)に 面白いものですね」

このことについて、水○氏は「映画は観る人によって評価は変わるのであくまで参考程度に・・」と前置きしつつ、この微妙な言葉の言い回しの違いでオススメ度を暗示していた事実を認めたという。

ちなみに大雑把に使用頻度を見てみると「面白い」が5割を占め、「絶賛」「イマイチ」は2割強だったようだ。


| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © いろいろな話のまとめ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。