首都高速戦車走行説 - いろいろな話のまとめ

首都高速戦車走行説

首都高速道路は有事の際、戦車の走行が可能なように高架が頑丈に作られている、というもの。

日本共産党所属の議員が国会で、90式戦車(総重量50.2t)の運用に付いて質問した際、政府が「高速道路などの高強度の道路では問題ないが、一般道では道路の強度不足で自走できない場合もあり、その際には解体して輸送する」と答弁したことに由来すると思われるが、首都高を始めとする高速道路が、戦車の走行を前提に強度計算して作られたわけではない。

映画『ゴジラVSビオランテ』では、「名神を全面通行止めにして、(東海地方に展開している)陸上部隊を大阪へ上陸させよう」というセリフがある。


タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © いろいろな話のまとめ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。