有楽町線軍用路線説 - いろいろな話のまとめ

有楽町線軍用路線説

有楽町線は有事の際、防衛省(旧・東部方面総監部)のある市ヶ谷駐屯地に近い市ヶ谷駅と、平和台駅(第1師団司令部が置かれている練馬駐屯地)、陸上自衛隊朝霞駐屯地(東部方面総監部がある)が埼玉県道109号・国道254号を挟んで向かい側にある和光検車区、さらには、西武鉄道池袋線稲荷山公園駅(航空自衛隊入間基地)との間で、軍事物資や人員を運搬するために作られた、というもの。

また北は秩父山系南は東京湾へと続く同線を使って動座するとされた。


タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © いろいろな話のまとめ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。